お役立ち情報

柔術でいじめや引きこもりを改善できるのか!?

こんにちは。管理人です。

度々ニュースを騒がす「いじめ・引き込もり問題」

皆さんの周りでも学校や家庭、会社でのパワハラ等々、いじめている方・いじめられている方いませんか?

元々3人いれば派閥ができると言われるくらい、人間は一人では何もできない弱い生き物なのでしょうね。

学生でも社会人でも起こりえることですが、今回は親の立場になった際、または同じ境遇の方へ「いじめ・引きこもり」と「柔術」の関わり合いについて考えてみたいと思います。

黒帯師匠
黒帯師匠
今回はまじめな話をするのじゃ!
弟子
弟子
確かにお題が重いですね。まじめな話をしてる時、ふと笑いたくなる時ってないですか?
黒帯師匠
黒帯師匠
けしからん!ちゃんと話を聞きなさい!(でも少しわかる)

何故いじめがおこるのか?

社会人になっても突拍子のない事を言う、いわゆる空気を読まない大人は沢山います。その中でも態度や発言から、周りとソリが合わない人間は当然出てきます。

大人であれば「俺は(私は)そういう生き方だ!周りに合わせて変える必要なんてない!」と、あえて主張できますが、視野がまだ狭い学生ではいかがでしょうか?

子供のいじめは非常に残酷です。

私の友人でAさんとBさんがいます。

AさんとBさんは幼馴染で、小学生時代いじめられてた人(Aさん)・いじめていた人(Bさん)の関係性でした。

大人になってその関係は何時しか友情になり、よく3人で酒を飲みながら小学生当時の話を聞く機会があります。100%いじめられる側に落ち度はなく、いじめる側の悪意でしかなかったです。

そこにはただ家庭環境や身体的特徴(暗い、勉強ができない、弱い、運動神経が鈍い等)、その他いじめっこの気分(うさばらし)などでいじめを行っていた事実があります。

確かに私の周りでも引っ込み思案な子が、いじめられっ子のターゲットになっていたような気がします。皆さんの周りではいかがでしたでしょうか?

何故引きこもるのか?

引きこもりの原因は人それぞれです。

病気を発症し、治っても怖くて外にでれない。またあまりにも外部と長い間遮断したため、どう人や社会と接して良いかわからない。

学校や会社で無視やいじめがあり、その対人恐怖から外に出られない。進学や就職など理想の自分とかけ離れて挫折してしまい自信喪失になってしまった。などなど。

心の傷は本人にしか分からない深い溝があるのです。

試しに柔術を始めてみよう!

これをやれば必ずいじめは無くなる!引きこもりは無くなる!と言う事を断言はできません。

ただヒントとしてスポーツのなかでも柔術(※どんなスポーツでも万人に合うとは限りません。一例です。)は、いじめや引きこもりから脱却する一つの方法かもしれません。

なぜ柔術?と思いますが、以下の点が他の格闘技よりも良いのかなと思った点です。

  1. 打撃系が無いので過去のいじめのトラウマなど思い出さない。
  2. 柔道の様に投げ技もあるが、投げによる事故の確率が柔道より低い。
  3. 技を覚えて考える力がつく、いわゆる脳トレ。
  4. 動く事でストレスの発散につながる。
  5. 続けているうちに筋肉が付き、体が付きが変わる。
  6. 同じチーム・仲間ができる。
  7. 礼儀も覚え、強くなることで自信がつく。
  8. 自信がつくことでネガティブ思考も少なくなってくる。

ちなみに社会人でパワハラ等を受けて精神的に参っている方!

柔術を始める前に、まずは会社を辞めましょう!

お金より仕事より、まずは自分自身を大切にしてください!

まとめ

くたくたに疲れた肉体に不良の精神は宿らない、まさに健全な肉体には健全な精神が宿るかもしれない。

始めれば分かりますが柔術は、とにかく疲れます。でもその数倍「楽しさ」があります!

さぁ世のお父さん・お母さん立ち上がれ!わが子と一緒に柔術を始めてみてはいかがでしょうか??

引きこもりの皆さん!別に無理して皆とコミュニケーション取る必要はないです。(挨拶はしましょうね)まずは勇気を振り絞って社会への一歩をジムや道場から始めてみませんか??

ジム・道場一覧東京都以外のジムや道場を紹介します。 ※都合によりすべてのジムや道場を載せている訳ではございません。ご了承ください。 当サイ...

このブログで少しでも背中が押せれば、これ幸い。柔術で世界平和をめざしましょう!(w)

では。良い週末を!Let’s roll!